ある時はパンを焼き・・・


家庭菜園をやってみたり・・・


欲しけりゃ作ればいいのさ!!


ビューティフル節約生活!!



全ての記事を表示する

ようこそ

akemy

Author:akemy
訪問して下さってありがとうございます。

30代後半で子どもは長いことコウノトリ待ち。三度の流産で原因不明の不育症。でもめげません!!今こそ辛抱のしどこ!今のうちに体をしっかりつくるのと、お金を貯めなきゃと奮闘してます。こんな私ですがどうぞよろしく~!


team_6do.gif

ブログランキング

ただいま参加中

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長ネギ再生栽培 2007

根本から10cm程残して水につけていた長ネギ。
長ネギ2007_1


伸びました。一ヶ月前からでやっとこれくらい。
私の住むところが寒いからかなぁ(?_?)
この一週間で急激に伸びたんです。
数日家を空けていたから帰って見てびっくり!

ここまでくると屋外でプランター栽培しても行けそうです。

去年はペットボトルを再利用した鉢に再生長ネギを植えましたが、
3本植えて3本ともかびてしまいました(T_T)
水遣りもそんなにやってないのに・・・
ペットボトルだと通気が悪いのでしょう。
再生水菜もそうでしたから。

ペットボトルの底だけでなく、脇にも小さな通気孔を
開けておけば良かったのかもしれません。

長ネギは再生しやすいと聞いていただけに去年の失敗は
凹みました orz

今年こそ成功させるぞ~~~


スポンサーサイト

自家製堆肥 2007

自家製堆肥1

一週間以上かけて乾燥させたヨモギ(ヨモギ風呂に使ったあとのもの)と紅茶の出がらし、黄色くなってしまった大根の葉(先日買った見切りの大根菜っ葉で傷んでいた部分を取って乾燥させたもの)、スミレの花びら(枯れた花びらを取って乾燥させた)。加えて、お菓子屋さんから頂いた卵の殻。いずれもカラッカラに乾いております


自家製堆肥2

ヨモギはミルサーにかけて粉砕してから、篩(ふるい)にかけると綿の部分(モグサ)が篩いに残って分別できます。篩からおちた部分を自家製肥料へ。

紅茶はもともと細かいものを使用していたので粉砕せずに自家製肥料へ。

黄色くなってしまった大根の葉、スミレの花びらはミルサーで粉砕してから自家製肥料へ。

卵の殻は細かく砕いて篩にかけたのち、自家製肥料へ。


ヨモギのモグサは取って置いて、モグサとして働いてもらったのち、草木灰として土へ。

卵の殻についていた薄皮は卵の皮ローションとして働いてもらいます。


自家製堆肥はプランターで作る予定。わが家では野菜くずなどの生ゴミがあまり出ないので自家製堆肥に回すには量が少ないのですが、少なくたってやるに越したことありません レッツトライ♪

水菜再生栽培 2007

先日の小松菜画像のちょっと右後ろに見えてるのが
水菜です。

ネット検索して水菜再生栽培を行っている方々の
体験記事を見ると、成功している方とそうでない方に
分かれるような感じでした。

小松菜よりも難しいのかなぁ。

うちも去年水菜の再生栽培をやったのですが、
まぁなんとか最初は上手く繁りました。
・・・が、しだいにハモグリバエにやられて葉に点々と食痕が。

ΣΣΣ(-□-;;;

となったのは言うまでもありません。
その後、防虫ネットをかけても後の祭りでした。

それでもせっせとお世話をしてたある日、

一株がボゴッと土から抜けてしまいました。

根腐れしてしまったようです。
そのあと他の株も壊滅し、水菜再生栽培2006は
あっけなく終了と相成ったわけです。


ハモグリ対策に防虫ネットをかぶせるというのは
学習したし、根腐れは・・・?

味噌が入ってた透明のプラスチック容器を洗って
再利用したのがいけなかったのかしら(?_?)
たしかに、容器の内側に水滴がついて苔が生えて
常時湿ってるようだったし。
水やりはたまにしかしてなかったんだけどなぁ。
むむむむ・・・

今年こそリベンジ行っきまーす

小松菜再生栽培 2007

小松菜の再生栽培になんとか成功したakemy。
初心者でもできると味をしめたakemy。
今年もやりますわよ~!!!
ええ!やりますとも!


小松菜2007_1

先日買ってきた見切り品の小松菜を水につけて養生させ、
外側の大きな葉をキッチンばさみで切り、
小さな葉は再び水につけ置きます。
根が出るまでこのままです。
去年と同じやり方です(^^ゞ
たぶん、根がでるまでは10日以上はかかるかも~


今年の目標は、ネットをかぶせてハモグリバエの害を抑えること、
何度か収穫できるようにすることです!!

小松菜は連作も大丈夫なようなので、去年使った土を再利用する
予定です。

ちなみに、今回用いた小松菜は地元農家で栽培されたものです。
使用農薬等については不明です。残留農薬などのことを考えれば
一番良いのは自分で種から育てることなのですが、
それまでの間、せめて自分ちのプランターで、無農薬で育てる
ことができれば良いかなぁ~くらいの気持ちでおります。



去年の再生小松菜はコチラをごらんください。
 小松菜を再生栽培
 その後の小松菜再生栽培
 無念! 虫にやられた小松菜収穫

無念! 虫にやられた小松菜収穫

箱入り娘のように、それはそれは大切に育てた小松菜に・・・

Σ(`O´|||


ハモグリバエの白い筋が!!!!
 



ぐにゃぐにゃに歩き回られるうちに
虫に侵されている葉だけ刈り取ってしまいました。
杓文字大まで育てたかったのに、無念・・・
被害拡大より良い。

で、取った葉っぱがコレ↓↓↓
060617_komat.jpg


虫のいる部分は捨てて、あとは食べますわ (´-`)。o O


今、植えているのは5株。
虫にやられてない小さい葉っぱ ガンバレ!!



サニーレタス その2

小さな芽が出て・・・

060610_retas.jpg


うわっ!! Σ(・□・)
繁茂しすぎ!!

まぁ、ベビーリーフとして食べられるくらいの大きさまで
育ててから間引こうと思ってたらこの有様。
6月10日の様子でございます。

(写真奥のはすでにプランターに移し替えて済み)

060610_reta2.jpg


間引いたのがこれ。
かいわれみたい(笑)
こんなに小さくても立派にレタスの味だからすごい!!
さっそく、サラダにして美味しくいただきました。

その後の小松菜再生栽培

スーパーで買ってきた小松菜を
大きな葉をキッチンばさみでカット。
(これは料理に使う)
根っこと小さな葉っぱを残して・・・
土にさした。
翌日・・・なんだか元気ない。
これはまずい!
引っこ抜いて、根を水に浸した。

と、ここまでが前回のあらすじ。

その後の小松菜の様子をご報告。
060531_komat.jpg

5/31 新しい根がベロベロと出てきました。
これなら土にさしても栄養や水分を吸収できそう。

060608_komat.jpg


たぶん、土の中で根っこがしっかりはられてきてるんだと思います。
葉も肉厚になってきて、茎も丈夫な感じ。
葉っぱをゴハンを盛る杓文字くらいまで大きくしてから
収穫しようと思います (^▽^)


ところで、一部の葉っぱにこんな白い筋が・・・

060608_kom2.jpg


調べましたら、ハモグリバエの幼虫が通ったあとだとか。
グルグル、モジャモジャと白い筋ができあがるので、
別名「絵描き虫」というそうで。
よくみたら、おりましたな!!(`△´#

買ったときにすでについてきたんでしょうな。
この前、スーパーの野菜売り場で、
売られている小松菜にもハモグリバエがいるのを
見つけちゃった。

さっそく、おひきとり願うべく、葉をカットした次第。

もう出てこないでくれぇ~ (´△`;

Google




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。