ある時はパンを焼き・・・


家庭菜園をやってみたり・・・


欲しけりゃ作ればいいのさ!!


ビューティフル節約生活!!



全ての記事を表示する

ようこそ

akemy

Author:akemy
訪問して下さってありがとうございます。

30代後半で子どもは長いことコウノトリ待ち。三度の流産で原因不明の不育症。でもめげません!!今こそ辛抱のしどこ!今のうちに体をしっかりつくるのと、お金を貯めなきゃと奮闘してます。こんな私ですがどうぞよろしく~!


team_6do.gif

ブログランキング

ただいま参加中

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨモギ染め→布草履 その3

さぁ次は布草履製作に突入です!!まずは下準備!!

ヨモギ染めの布草履 下準備1

染めたタオルを切り分けました。電話番号などの文字が入っている部分とそうでない部分、パイル織りになっていない部分、端の厚くなっている部分を切り分けたのが上の画像。模様にしたいなら切り分ける必要はありません。私の染めたタオルの場合、紫色の文字とヨモギ染めの色がなんだかちぐはぐで・・・ 切り分けはタオルを縦長に置いて横に切りました。

さらに無地の部分は8センチ巾で切り分けました。

文字入り部分は捨てずに芯にして利用します。外側にする8センチ巾のより少し細く切ります。芯を入れるのは、ふっくら仕上げるためです。厚手の生地なら良いのですが、薄手のタオルだと履いているうちに潰れてしまう可能性大だから
ヨモギ染めの布草履 下準備2


NHKの「おしゃれ工房」6/5放送で小石正子先生も中に芯を入れる方法をとってらっしゃいました
手で編む可愛い布ぞうり  お気に入りの布で! 思い出の服で! 手で編む可愛い布ぞうり お気に入りの布で! 思い出の服で!
小石 正子 (2006/12/09)
河出書房新社

この商品の詳細を見る


NHK おしゃれ工房 2007年 06月号 [雑誌] NHK おしゃれ工房 2007年 06月号 [雑誌]
(2007/05/16)
日本放送出版協会

この商品の詳細を見る

↑6/5放送の布ぞうりの作り方が写真付きで載ってます。

芯を包んで、外側をザクザクとまつり縫いしました。ここでのポイントは外側にするタオルの切り端も中に包んでしまうこと。包んで縫ったのがコレ↓
ヨモギ染めの布草履 下準備3

端に白い糸がピローンと出ているのがおわかりでしょうか?糸を残しておいて次のタオルをつなげるのに使います。

「おしゃれ工房」ではつなぐときに木工用ボンドを使っていました。糸で縫いつけてもボンドを使ってもどちらでもオッケーだと思います

ボンドを使う場合は付けすぎない方が良いですヨ。タオルを通して滲みだしてしまうんで。ちょちょっと付けるくらいで良いはずです。

次回は編み~♪
スポンサーサイト

ヨモギ染め→布草履 その2

さていよいよ染め作業。

その1で煮出したヨモギの汁に布地を入れるわけですが、入れる前にヨモギを引き上げます。パスタ鍋を使ったので、楽に引き上げることができました。

煮出してるとヨモギの香りが台所いっぱいに広がって、気持ちよかったです。作業しながらのリラクゼーション!!くせになりそう(笑)

なおヨモギ汁の色は茶色。緑じゃないんです 

染めの手順についてですが、
1回目の染め→媒染(焼きミョウバン使用)→水洗い→2回目の染め
という手順でいきます。

染色ビギナーakemy、今回初めて知ったんですが「染め」で終わるのが基本だそうです。ワイン染めに挑戦したときは媒染で終わってました(ワイン染めの記事にも今後参考となさる方のために追記出して訂正しておきます

ヨモギ染め作業

本来なら生地を下処理として豆汁(ごじる)に漬ける作業があるのですが、今回は下処理せずにいきなり染めの作業に入りました。単に豆乳の買い置きが切れたのと、下処理なしでどれくらい染まるものか見たかったのがあります(^^ゝ

タオルを入れると、あっという間にタオル地に汁が滲みていきました。とりあえず3枚入れて、箸でかき混ぜながら加熱すること1時間。あとは放冷。

注意)かき混ぜないと染めムラができてしまいます。加えて、生地の入れすぎにも注意。かき混ぜれないくらい入れちゃダメよん。


次に媒染。ここで染めた色を布地に定着させます。今回はスーパーの漬け物コーナーで売っている焼きミョウバンを使いました。私が買ったのは1袋40gで80円ほどでした。薬局で売られているミョウバンより安いのが魅力。

焼きミョウバンは5%濃度になるようにお湯に溶かしました。染めたタオルを入れるとパッとあざやかな緑色になります。1時間つけおいてから取り出し、水洗いします。水洗い後↓
ヨモギ染め媒染


水洗いした生地を絞って、さらにヨモギ汁(染液)に入れて1時間煮ます。

煮て、冷ましてから絞り、日影に干します。
ヨモギ染め乾かし


染め上がったのがこちら↓
ヨモギ染め染め上がり

鶯色青朽葉色といったとこでしょうか。
日本の伝統色 和色大辞典さんより)

あまり緑っぽくないけど、「わざと汚したの?」「すすけた色だ」と言う家人を横に一人悦に入ってます(笑) 草木染めだも~ん、いいじゃーん

豆汁(ごじる)処理なしでもまぁまぁ染まるもんですね。極めようと思えば丁寧な下処理をした方がいいですし、とにかく染まれば良いというなら、私みたいに手抜きでもオッケー 

なお、ヨモギは摘む時期によって染まる色合いに違いがあるそうです。染めた物に季節が感じられて素敵

次はいよいよ布草履作りに入ります~ その3へ続く

ヨモギ染め→布草履 その1

布ぞうり2作目の制作を考えていたら、ふと目に止まったのが3枚の使い古しのタオル。黄ばんだり、シミが取れなくなって雑巾行きが決定していたものです。
ヨモギ染めタオル


使い古しのタオルをヨモギ染めにして、それで布草履を編んでみたらどうだろうと。使い古しのタオル3枚だけだと男性物の布草履(夫のを作る予定)には足りないだろうから、新しいタオルも下ろしました。使い古しのと同じ厚さのものです(薄手の粗品でもらうようなもん) これで使い古しのタオル3枚、新しく下ろしたタオル3枚の計6枚用意できました。 訂正:足りなくなるのを懸念してプラス1枚入れて7枚としました。写真では7枚写ってます(^^;

何でわざわざ新しいタオルを下ろしたのかというと、私のこだわりで店名や電話番号入りは家の中をすっきり見せるために使わないようにしてるんです。それで、使わないとなると頂いても衣装ケースにしまいっぱなし。しまいっぱなしというのもこれまた勿体ないもんです。だからためらいもなく、布草履用に下ろしたわけです。


さて、早速近所の空き地にヨモギ摘みに出掛けました。この空き地は長い間空き地になってて、除草剤の散布がない場所です。私にとっては有り難い場所です(笑) 

つみ取ったのはヨモギの若葉約300g。柔らかい葉っぱを多く摘み取りたいので、ちょうど草丈20cmから30cmくらいのヨモギの上から5~7cmくらいのところを摘み取りました。硬い茎の部分も摘み取ると後で細かく切るときに大変です

摘み取ったヨモギは虫や汚れが付いてるかもしれないので、軽く水洗いしてから5cmくらいの長さに切ります。切らなくても色は出るには出ますが、切った方が色が出やすいです。

ヨモギ煮だし

ステンレスかホーローの鍋に切ったヨモギを入れて、水はヨモギが隠れるくらい。弱火で煮ること20分。その後、冷まします。冷ます段階でさらに色が抽出されます

私の場合は、ステンレス製のパスタ鍋を使いました。煮出したヨモギの引き上げが楽ちん

さぁ次はいよいよ染色です その2へ続く。

布ぞうり 手作りしました!

布草履1

布ぞうり!!穴のあいた夫のお古のTシャツを使って作りました。

布ぞうり初挑戦なので下手くささがにじみ出てます。本人的には心を込めて作ったつもりですが、そこはいかんせん不器用な女ですから(笑) この程度のレベルということでご勘弁を・・・

今回買いそろえたものは草履の芯にする紐だけです。作り方を検索してみると8mmのPPロープが使われるようですが、お店で見つけられなかったので代用品として手芸店で極太のカラー紐を購入してきました。布草履をたくさん作る予定の方はPPロープを購入した方が安いと思います。

私が使用したカラー紐は2mで210円、それを2束買いました。材質はアクリルです。使用したTシャツは男物Mサイズが2着。鼻緒は以前買っておいた100円の端切れ。

鼻緒は、カラー紐に化粧水に使うコットン(akemy愛用は無印良品の生成大判コットン)を巻き付けて、それを端切れで包みました。

右が最初に作った方(5/9)で、左が今日作った物。う~む・・・左の方がちょっと上手いなぁ~ 人様に差し上げるくらいのレベルにはほど遠く自分専用の室内履きとして利用しま~す

基本となる編み方さえ覚えればあとは自分なりの工夫ができるので面白いですよ~

履き心地の良さがたまりません☆


追記(5/19) 
気軽な気持ちで作った布ぞうりの記事↑をアップしたところ、「布ぞうり 編み方」あるいは「布ぞうり 作り方」で検索しておいでになる方が毎日いらっしゃいます。流行なのでしょうか(^^) そのような皆様のために参考になればと追記いたしました。

まず、今回編み方は彫金教室Argentoさんの「フリースで作る布ぞうり」のページを参考にしました。写真図説入りでたいへんわかりやすかったです。

基本的な編み方は一緒でも鼻緒の作り方が様々だったり・・・ インターネットで知り得ないような点もあると思いますので、そんなときは本を参考になさると良いでしょう。

手で編む可愛い布ぞうり  お気に入りの布で! 思い出の服で! 手で編む可愛い布ぞうり お気に入りの布で! 思い出の服で!
小石 正子 (2006/12/09)
河出書房新社

この商品の詳細を見る

布草履・藁草履を作ろう―レトロな味わいの藁の草履から衣類を再利用した布の草履まで 布草履・藁草履を作ろう―レトロな味わいの藁の草履から衣類を再利用した布の草履まで
杉澤 周子 (2006/07)
風媒社

この商品の詳細を見る

壊れた傘で買い物袋を手作り

今年の3月、突風に煽られ骨が折れた傘。
傘バック1

捨てようと思って外に出しておいて、
なんか捨てそびれて雨ざらし。
もとは千円くらいのジャンプ傘だし、
どうせ使えないんだから捨てたって
大したことない・・・んだけども
生地がきれいなまんまだから、捨てるに忍びない。
大きめの傘だし、なんか作れそう。

傘で買い物袋(エコバックって最近は言われたり)を
作ってみることにしました。作り方にも色々あるようで、
布地を無駄なく、簡単に作る方法を選びました。

参考にしたサイト様は
  環境まちづくり市民の会サステイナブルあさひさん
   エコライフ・チャレンジコーナーに作り方が掲載されています。

傘の骨から布地を取り外します。
骨に縫いつけてある糸を切るときには布地に
穴を開けないように注意!!

傘バック2

傘の布地は8枚はぎになっています。
それを2等分(4枚はぎはぎずつ)に分けたのが上の写真です。

傘バック3

持ち手のところは手芸店で買ったテープをつけました。
(カラーテープ 25mm巾・2.5Mで315円でした)
残っている布地でもう一袋作ってみようと思っています。

軽い上に、防水。簡単に作れる傘バックはいかがですか?

布ナプキンを赤ワイン染色 その2

では赤ワイン染め初体験記いきま~す!!!

【前処理】
1 前処理として豆乳を水で希釈した液に生地を30分ほどつけました。

植物由来の繊維は羊毛などの動物由来の繊維に比べ、着色しにくいとのことで、本来は「ごじる」という大豆を搾った汁につけるそうです。

わざわざ豆の汁を搾るのも手間なので、「ごじる」の代用品として豆乳(無調整)を使うことができることを知りました。今回はウーマンケアネットさんにならって10倍希釈(豆乳:水=1:9)で染めました。

濃く染めたいときには豆乳の濃度を濃くするといいそうです。


2 次に漬けた生地を絞って完全に乾かします。


しっかり乾かすことが大事だそうです。


【染め作業】
1 赤ワインをホーローの鍋に入れて煮立てます。煮立ったら染める生地を入れます。
赤ワイン染め2

今回は赤ワインを約500ml使いました。染めたナプキンは生成のもの7枚。ワインが少なかったかな  一度に入れれないので、1枚につき1分、入れ替えして染めました。入れてる間はワインが蒸発して無くなってしまわないように蓋をしてました。


2 鍋から出した生地を放冷したのち、色止めのために塩水につけます。
赤ワイン染め3

冷ましてる間に繊維への色の染み込みが進みます どのくらいの時間を漬けたらいいのか、塩の量はどれくらい使ったらいいのかわからないので、だいたいこんなもんかなぁといい加減にも大さじ1で30分漬けました(←失敗しても平気のなせる技) ボールはプラスチック製のものを用いました。

それから、そのあとすぐに酢に漬けて良いのかわからないので、もう一度加熱した赤ワインに1分漬けました。赤ワインも少し残ってて捨てるのももったいないし~(笑)


3 鍋から出した生地を放冷したのち、酢水につけます。
赤ワイン染め4

これもまた量と漬ける時間がわからないので、おおよそこんなもん?と考え、酢100ccを900ccの水で希釈したものに40分漬けました。(最後の色止めなのでしっかりとやるつもりで)


4 乾かして染めが完成。
赤ワイン染め5

左が布ナプキンに使用している生成。実際、布ナプキンは1年以上使い込まれているので、これよりも色が黄ばみ、繊維が潰れています。右は染め上がりの色。

まぁまぁ自分の思ったような紫がかったピンクに染まったように思えます。私のような初心者で自己流のものでもそれなりにできました

染め上がりは生地の質や状態によっても違うでしょうし、媒染剤によっても違ってくるでしょう。なんか染色にはまりそうです


追記(6/8)
注意)
染色は「染め」に始まり「染め」に終わるものというのを最近知りました。上記でやった赤ワイン染めは媒染で終わっております  赤ワイン染めをやる方は最後に赤ワインに漬けてから終わりますように。

また、媒染のあとは水洗いをして、絞ってから染め液に再び入れて下さい。


ビギナーの体験記とはいえ、すでに参考になさった方がいらっしゃいましたら、私の勉強不足ゆえご迷惑をかけたことお詫び申し上げます。

布ナプキンを赤ワイン染色 その1

布ナプキンも使っているとだんだんと黄ばんできます。
そこで古くなった布ナプキンを染めることにしました。
もう一度生まれ変わって、また頑張ってもらおうという企画(笑)
(鞭打たせてるとも言いますが・・・)

草木染めという手もありますが、以前にTOKIOのザ!鉄腕!DASH!で茂子(城島茂)が赤ワインでTシャツを染めていた記憶があって、ちょうど赤ワインもあることだし、やってみよう!と。
紫ががかったピンクになるかなぁと期待

調べたらザ!鉄腕!DASH!2005年2月13日放送
やってました
が、詳しいやり方が今ひとつわからず・・・

さらに調べたところ、ともぞうママのブログさんに良い指南が載ってました。

また、ウーマンケアネットさんや草木染め~草木と遊ぶ~さん
にも赤ワイン染めではないものの、参考になる情報がありました。

材料の赤ワインはあるから良いとして、
問題なのは・・・ ミョウバン?それとも塩と酢酸?
媒染剤はどちらを使った方が良いのかしら?(?_?)
ちょっと悩んでしまいましたが、
そこは長く悩むことのできない私(笑)

「まぁ、失敗したって使い古しのナプキンだし、
いたわしくない。どっちでもいっか~」ということで、
塩と酢酸(酢)でやることに決定!!!

そうと決まれば行動は早い!
染色初体験は次回に続くのであります

Google




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。