ある時はパンを焼き・・・


家庭菜園をやってみたり・・・


欲しけりゃ作ればいいのさ!!


ビューティフル節約生活!!



全ての記事を表示する

ようこそ

akemy

Author:akemy
訪問して下さってありがとうございます。

30代後半で子どもは長いことコウノトリ待ち。三度の流産で原因不明の不育症。でもめげません!!今こそ辛抱のしどこ!今のうちに体をしっかりつくるのと、お金を貯めなきゃと奮闘してます。こんな私ですがどうぞよろしく~!


team_6do.gif

ブログランキング

ただいま参加中

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨモギを摘んで薬湯に入ろう!!!その2

乾燥したヨモギを細かく刻んで薬草袋に入れたところです。
ヨモギ2

お茶パックでも良いですし、写真のように薬草用のパック
(お茶パックより大きめ)を用いても良いと思います。
お茶パックなら2つ、3つくらいに分けることになるかな
自分で木綿の薬草袋を縫って使うのも良いかもしれません。

乾燥したヨモギを作るなら、6月から8月によく生長したものを
刈り取ると良いそうです。9月あたりになって花が咲くと草全体が
傷みやすくなるので、その前に刈って干すのがいいでしょう。

乾燥ヨモギ(艾葉(がいよう))を用いるなら30g~50g
お風呂のサイズに合わせて量を加減して煎じてください。

私の場合は、20分ほど弱火で煎じ、その後薬草を入れたままで
やや冷ましてからお風呂に入れてます。
冷ますときに成分がさらによく抽出されるんです


参考サイト:
湯の国webさんのお風呂十二ヶ月ー蓬湯
草木屋のホームページさんのヨモギ



スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

Google




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。