ある時はパンを焼き・・・


家庭菜園をやってみたり・・・


欲しけりゃ作ればいいのさ!!


ビューティフル節約生活!!



全ての記事を表示する

ようこそ

akemy

Author:akemy
訪問して下さってありがとうございます。

30代後半で子どもは長いことコウノトリ待ち。三度の流産で原因不明の不育症。でもめげません!!今こそ辛抱のしどこ!今のうちに体をしっかりつくるのと、お金を貯めなきゃと奮闘してます。こんな私ですがどうぞよろしく~!


team_6do.gif

ブログランキング

ただいま参加中

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布ナプキンを赤ワイン染色 その2

では赤ワイン染め初体験記いきま~す!!!

【前処理】
1 前処理として豆乳を水で希釈した液に生地を30分ほどつけました。

植物由来の繊維は羊毛などの動物由来の繊維に比べ、着色しにくいとのことで、本来は「ごじる」という大豆を搾った汁につけるそうです。

わざわざ豆の汁を搾るのも手間なので、「ごじる」の代用品として豆乳(無調整)を使うことができることを知りました。今回はウーマンケアネットさんにならって10倍希釈(豆乳:水=1:9)で染めました。

濃く染めたいときには豆乳の濃度を濃くするといいそうです。


2 次に漬けた生地を絞って完全に乾かします。


しっかり乾かすことが大事だそうです。


【染め作業】
1 赤ワインをホーローの鍋に入れて煮立てます。煮立ったら染める生地を入れます。
赤ワイン染め2

今回は赤ワインを約500ml使いました。染めたナプキンは生成のもの7枚。ワインが少なかったかな  一度に入れれないので、1枚につき1分、入れ替えして染めました。入れてる間はワインが蒸発して無くなってしまわないように蓋をしてました。


2 鍋から出した生地を放冷したのち、色止めのために塩水につけます。
赤ワイン染め3

冷ましてる間に繊維への色の染み込みが進みます どのくらいの時間を漬けたらいいのか、塩の量はどれくらい使ったらいいのかわからないので、だいたいこんなもんかなぁといい加減にも大さじ1で30分漬けました(←失敗しても平気のなせる技) ボールはプラスチック製のものを用いました。

それから、そのあとすぐに酢に漬けて良いのかわからないので、もう一度加熱した赤ワインに1分漬けました。赤ワインも少し残ってて捨てるのももったいないし~(笑)


3 鍋から出した生地を放冷したのち、酢水につけます。
赤ワイン染め4

これもまた量と漬ける時間がわからないので、おおよそこんなもん?と考え、酢100ccを900ccの水で希釈したものに40分漬けました。(最後の色止めなのでしっかりとやるつもりで)


4 乾かして染めが完成。
赤ワイン染め5

左が布ナプキンに使用している生成。実際、布ナプキンは1年以上使い込まれているので、これよりも色が黄ばみ、繊維が潰れています。右は染め上がりの色。

まぁまぁ自分の思ったような紫がかったピンクに染まったように思えます。私のような初心者で自己流のものでもそれなりにできました

染め上がりは生地の質や状態によっても違うでしょうし、媒染剤によっても違ってくるでしょう。なんか染色にはまりそうです


追記(6/8)
注意)
染色は「染め」に始まり「染め」に終わるものというのを最近知りました。上記でやった赤ワイン染めは媒染で終わっております  赤ワイン染めをやる方は最後に赤ワインに漬けてから終わりますように。

また、媒染のあとは水洗いをして、絞ってから染め液に再び入れて下さい。


ビギナーの体験記とはいえ、すでに参考になさった方がいらっしゃいましたら、私の勉強不足ゆえご迷惑をかけたことお詫び申し上げます。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
染める という作業もなかなかそそられるんです。
生まれ変わった布ナプちゃんですね。
  • KOKORONN#p39s7to.
  • URL
  • 2007.04.27(Fri)
  • Edit
ありがとうございます(*^-^*)
乾かした布ナプをたたんでるうちに、
次に使うのが楽しみになっちゃいました。
ビバ!布ナプ生活ですわ♪
  • akemy#BejLOGbQ
  • URL
  • 2007.04.27(Fri)
  • Edit

Google




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。